読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手に漫画の感想を書くブログ

最近は峰浪りょう先生が好きです

初恋ゾンビ45話感想

初恋ゾンビ第45話「乙女心と夏祭り」の感想です。
出典は週刊少年サンデー2016年42号(311〜328ページ)。

あらすじ

終業式の日に夏祭りがある。
タロウは江火野・龍・亜美と夏祭りに行く約束をする。
江火野は亜美の母親に借りた浴衣を着てくるが、タロウは江火野の浴衣姿を褒めることも無かった。しかしイヴの服装が江火野の浴衣に変化する。
指宿くんは夏祭りには行かない予定だったが、祖母と朱々子に言われて朱々子と2人で夏祭りに来る。
無意識にタロウを探す指宿くん・祖母と協力して何かを企む朱々子を巻き込み何かが起こりそうな気配を漂わせて次回へ続く。

感想

(出典:週刊少年サンデー2016年42号 311ページ、著者:峰浪りょう

表紙はイヴ。
実際の季節はもう完全に秋ですが、初恋ゾンビは夏全開です。

(出典:週刊少年サンデー2016年42号 314ページ、著者: 峰浪りょう

終業式です。
初恋ゾンビのキャラクターはモブキャラもみんな可愛い。
この絵だと特に右下の子が可愛い。

峰浪先生は作品ごとに結構絵柄が変わるのだけど、初恋ゾンビは凄い好み。
少年漫画向けとか週刊連載用の描き方っていうのがあるのかな?


(出典:週刊少年サンデー2016年42号 316ページ、著者:峰浪りょう

偶然を装ってタロウを待ち伏せする指宿くんが面白い。
人影が見えるたびに靴を取り出す素振りを見せて、タロウじゃないと戻してる。
タロウが来た時に「偶然同じタイミングで下駄箱にいた」風で靴を取り出してさりげなく一緒に帰ろうとしてます。

小学6年生か!

クールキャラ気取ってるけど、指宿くん、それはなんかチョロそうに見えるぞ。

(出典:週刊少年サンデー2016年42号 318ページ、著者:峰浪りょう

しかも作戦が失敗して逆ギレする指宿くん。
頑張れ!

(出典:週刊少年サンデー2016年42号 325ページ、著者:峰浪りょう

江火野を見たタロウによってイヴも江火野と同じ浴衣姿に。
来週は、この姿のイヴを指宿くんが発見する展開を期待しています。

他の人のゾンビから想像すると、初恋ゾンビ本体は初恋の人だけど、服装はその瞬間の欲望を反映している様子。
だから、浴衣姿に見惚れたとしてもタロウは江火野が好きってことにはならないと思うけど、指宿くんとしてはどういう反応になるのかな〜。

少年漫画だから性欲と恋愛、みたいな部分を深く掘り下げることはないと思うけど楽しみです(そういう話が読みたいなら溺れる花火を読もう)。
個人的には、視姦や妄想はどこまで思想の自由で何が粗暴行為なのかとか、男女感で考え方が大きく乖離しそうな微妙な領域に突撃してくれたら超応援するのだけど。

(出典:週刊少年サンデー2016年42号 326ページ、著者:峰浪りょう

指宿くんと朱々子は今週も可愛い。
スキニーデニムっぽいズボンの指宿くんは、ちょっと女性っぽいシルエットな気がする。
なんだかんだで指宿くんは面倒見がよくて朱々子と仲良しっぽい雰囲気を感じる一コマ。

私の感想では全然登場しない江火野さんですが、夏祭りの話は江火野さんがメインっぽい雰囲気です。
朱々子の作戦でタロウと指宿くんが(物理的に)急接近! というのは前回前々回とやったので、来週以降は何らかのアクシデントでタロウと江火野さんの方が接近する、というのもありそうです。
はっきり言って私は江火野さんの魅力がいまいち分からないので(というか指宿くんがぶっちぎり最高ヒロイン過ぎる)、来週以降どうなるかは楽しみです。
感想はすべて個人の意見です。
記事中で引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。問題があればご指摘ください。
引用以外の文章・画像の著作権は当ブログ作者に帰属します。