好き勝手に漫画の感想を書くブログ

最近は峰浪りょう先生が好きです

初恋ゾンビ48話感想

初恋ゾンビ第48話「渚にて」の感想です。
出典は週刊少年サンデー2016年45号(241〜258ページ)。

 

雑なあらすじ

別荘でくつろいでいた指宿くんは、誰にも見られないと思い水着で海で遊ぶ。

しかし、近くの民宿でバイトをすることになったタロウたちに遭遇しそうになる。

別荘の執事・針摺アリスの機転でなんとか水着姿を見られずに済んだところで、次週へ続く。

 

感想 
・ 表紙の指宿くんの表情が由樹っぽい 

f:id:negikatsu:20161005144819p:image

(出典:週刊少年サンデー2016年45号 241ページ、著者:峰浪りょう

表紙は翼の生えた指宿くん。

ちょっとヒメゴト最終回の由樹っぽいです。自分を縛るものから解放されて自由になった表情といったところでしょうか。良いですね〜。

本編でもこんな表情になれる日が早く来るといいなあ。

f:id:negikatsu:20161005145418j:image

(出典:ヒメゴト〜十九歳の制服〜 8巻 230ページ、著者:峰浪りょう

それにしても、単行本発売日が43号から3回連続で10/12になっている。

12日発売なのかと期待するけど、他の告知やAmazonとかは10/18になってるのでやっぱり18日なのでしょう。天野めぐみの発売日と間違えてるっぽいのですが、3週間誰も気がつかないのだろうか…。

 

・ 水着姿はもちろん可愛い

というわけで指宿くんの水着回!

指宿くんは、普段は正体を知っている人に対しても優等生っぽい言動だけど、ひとりになると結構子供っぽい。そして2ページ後には退屈そうにタロウのことを考えてしまうのも可愛いです。

別荘は静かで良い! と言っていたページでも、すぐに退屈そうなのをアリスさんに見抜かれてました。初恋ゾンビを見ずに済むひとりが最高だというのも、ひとりで孤独だというのも、どっちも本心なのでしょうね。難しい。

 

・ イヴを見た指宿くんの反応

 

海なのでイヴも水着。過激。

f:id:negikatsu:20161005151119p:image

(出典:週刊少年サンデー2016年45号 255ページ、著者:峰浪りょう

そしてそれを見た指宿くんの反応。嫌悪感というよりは普通に怒っているだけっぽい。

指宿くんは自身が妄想のモデルにされるのを嫌悪しているはずですが、やっぱりタロウならOKなのでしょうか。イヴを最初に見たときも嬉しかったと言っていましたしね。

ということは、指宿くんは男の性欲が嫌いなのではなく、特定の人にのみ愛されたいって考えが強いのかな〜。それなら、初恋ゾンビが見えなくなりさえすれば問題は解決なのかも。もし、男に視姦されるのが死ぬ程嫌だとしたら、男の欲望の存在を知ってしまった以上、初恋ゾンビ見えなくなっても問題は解決しないはずです。

なので、この反応は初恋ゾンビがどういう方向に進むかを決める大事な一部分になる気がします。

 

・ 針摺さんの娘登場

f:id:negikatsu:20161005152113j:image

(出典:週刊少年サンデー2016年45号 243ページ、著者:峰浪りょう

針摺さんの娘・針摺アリスさん。ちょっと保険の先生に似てない?

f:id:negikatsu:20161005152254j:image

(出典:週刊少年サンデー2016年45号 256ページ、著者:峰浪りょう

タロウ達と鉢合わせしそうになった指宿くんのピンチを救う為に飛び込むアリスさん。

さすが針摺さんの娘、身体能力高そうです。針摺さんと比べるとちょっとポンコツっぽいけど。

ちなみにアリスさんは指宿くんの事を別荘のバルコニーから撮影していたのですが、望遠レンズで撮影する程の距離で、しかも希空の説明だと別荘は山の上(崖の上?)にある様子。

普通に飛び込んだら死ぬと思います。

あと、別荘という割にはタロウに遭遇するって近場で庶民的な場所じゃないか? と思いましたが、八女家がグローバル企業とかではなく地元の大地主という説明だったので、そんなものなのかもしれません。お爺さんは地方の虎(ヤンキーの虎)的な存在なのかな…。

 

というわけで、来週からは指宿くんも加えて海でのお話なのでしょうか。

でも指宿くんは人がいたらもう水着は着ないだろうし、タロウ達の民宿でのバイトもヒロイン不在で盛り上がるかなあ…。それとも海で初恋ゾンビ関係のトラブル勃発のパターンでしょうか。

江火野や朱々子は今のところ登場していないので、一体どんな感じでストーリーが進行するのか楽しみです。

 

おまけ

目次の今週のクエスチョン、峰浪先生の解答が面白かったです。

車がお好きなのでしょうか。

感想はすべて個人の意見です。
記事中で引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。問題があればご指摘ください。
引用以外の文章・画像の著作権は当ブログ作者に帰属します。