好き勝手に漫画の感想を書くブログ

最近は峰浪りょう先生が好きです

初恋ゾンビ51話感想

初恋ゾンビ第51話「クライング・マーメイド」の感想です。

出典は週刊少年サンデー2016年11月9日号(No.48)の183〜202ページ。

 

あらすじ

タロウと指宿くんは真里南から10年ぶりに好きだった人と再開した話を聞く。また、岳の失恋ゾンビは氷の中に敗れたラブレターを持っていることに気がつく。婚活中と言いつつ本心が見えない真里南のことを知りたくて岳なら10年前のことを知っていると考えた指宿くんは、タロウの反対を無視して1人でラブレターについて岳に尋ねに行く。タロウの元にアリスが来て指宿くんが誘拐された、と告げて次回へ続く。

 

感想

・ カラーの水着イヴが可愛い

f:id:negikatsu:20161026235145p:image

(出典:週刊少年サンデー2016年48号 183ページ、著者:峰浪りょう

現実はハロウィンシーズンですが、センターカラーの扉絵は水着のイヴ。可愛い。48話や50話の水着とは別のやつ。さすがに48話の水着を扉絵にはできなかったのでしょうかw

カラーは巻頭カラーだった41号以来。36号の指宿くんの浴衣姿、41号の水遊び、に続いての夏っぽい作品です。今回は特に明るい色合いで、イヴ1人だけですがとっても華やか。

 

・ 10年の恋心

先週号までの私は、真里南さん達の話は「初恋の痛みを抑えて前に進む」というストーリーになると思ってました。2人が向き合うことで終わった龍と天草の話とは逆に、痛みを思い出に昇華させるのも初恋に決着させるひとつの形、という結末かな〜と。

でも、今週号を見ると、そう単純な話でもなさそうです。

 f:id:negikatsu:20161027234854j:image

(出典:週刊少年サンデー2016年48号 197ページ、著者:峰浪りょう

このとおり、指宿くんは真里南と自分を重ねています。つまり真里南さん達の話は、そのままタロウと指宿くんの未来を示唆する結末になると思われます。真里南と岳が結ばれようと、私の予想通り別れようと、どちらも指宿くんの未来の可能性のひとつになるわけです。これは楽しみな展開になってきました。

真里南がわざわざ好きだった人と再開したと言ってきた事や食事を中断して岳を避けている様子、婚活に本気が見えない点などから、真里南がまだ岳を気にしているのは指宿くんにも伝わっているのでしょう。指宿くんからすれば、10年前を今さら…と言っているのに十分向き合っていないように見える真里南にイライラする感じでしょうか。そして、自分も女であることを打ち明けない限りは、タロウに向き合っているとは言えない、という考えになるのかな〜? それとも、恋の失敗(?)を認めた状態で止まっているように見える真里南と自分が実は似ていると感じつつも、自分が同一の状態であることを認められないのかな。
指宿くんは、男はいつまでも(結婚しても)初恋を引きずるということは父親の件からもよく知っているはずですが、女性側視点から恋愛トラブルを見るのはこれが初めてなのかも。真里南さんの話がどうなるのか、そしてそれを見ることで指宿くんとタロウがどんな考え方を学ぶのか、とても楽しみです。

 

・ アリスさんはバイクも乗れる

 f:id:negikatsu:20161027234848j:image

(出典:週刊少年サンデー2016年48号 201ページ、著者:峰浪りょう

バイクで登場するアリスさん。かっこいい。ダイビングもできるしバイクもできる美人さん。他にも色々できそう。現実にいたら是非お知り合いになりたいです。ダイビングもしたいけど、バイクも乗りたいなあ〜。

乗ってるバイクなんだろう? あんまり細かく描かれてないけど、マフラーが右側2本出しのスーパースポーツと言えばドゥカティか? パニガーレとか。

f:id:negikatsu:20161027234842j:image

(出典:週刊少年サンデー2016年48号 202ページ、著者:峰浪りょう

ただし、フルフェイスは眼鏡を付けたままでは普通は脱げない。

 

おまけ

峰浪先生の10/1のTwitterで、今週連載されたページのネームが出ていました。

f:id:negikatsu:20161026235450j:image

(出典:週刊少年サンデー2016年48号 194ページ、著者:峰浪りょう

ネームの前は当然白紙からスタートするわけで、こうやって漫画ができるのかと思うと、漫画家さんって凄いなあという単純な感想しか出てこない。

だいたい3週間先の原稿を描いているっぽいので、今頃はもう真里南さん達の話は展開が決まっているどころか、完結まで原稿が完成しているかもしれません。楽しみです。

 

 f:id:negikatsu:20161027234920j:image

(出典:週刊少年サンデー2016年48号 195ページ、著者:峰浪りょう

あと、この希空が可愛い。

感想はすべて個人の意見です。
記事中で引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。問題があればご指摘ください。
引用以外の文章・画像の著作権は当ブログ作者に帰属します。