好き勝手に漫画の感想を書くブログ

最近は峰浪りょう先生が好きです

初恋ゾンビ60話感想

初恋ゾンビ第60話「フライングゲット!?」の感想です。

出典は週刊少年サンデー2017年1月29日号(No.7)の211~228ページです。

タイトルのフライングゲットは、発売日より前に商品を買うことですが、それをもとに周りの男を出し抜いて女の子をゲットするって意味の歌をAKB48が歌っています。


【MV full】 フライングゲット (ダンシングバージョン) / AKB48 [公式]

ということで、このタイトルの意味は門司くんが林間学校開始前に千綿さんをフライングゲットしようとした、って意味かな~。 

 

 f:id:negikatsu:20170111223836p:image

(出典:週刊少年サンデー2017年7号 211ページ、著者:峰浪りょう

扉絵は写真が重なった風。真ん中の写真の清武さんと浮羽さんが可愛い。ピースしてるイヴも可愛い。

 

どうした峰浪先生

今週の初恋ゾンビ、新年1発目なのですが、今までとは全然違う方向にかっ飛ばしてきました。

もしかしてこれは峰浪先生が本気で描いたお色気シーンなのか…? と少しだけ思いましたが、遊びの回だったそうです。個人的にはめっちゃ笑ったので、遊びでよかった。

いやー。初恋ゾンビになにがあったのかと思った。

 

アリスさん登場?

 f:id:negikatsu:20170111223845j:imagef:id:negikatsu:20170111223849j:imagef:id:negikatsu:20170111223901j:image

(出典:週刊少年サンデー2017年7号 215、216、227ページ、著者:峰浪りょう

自主規制の衝撃で最初は気が付きませんでしたが、何回もアリスさんらしき人が映り込んでいました。3枚目は分かりにくいけど、宿泊施設まで付いてきているようです。

林間学校中の指宿くんのピンチに颯爽と現れる、のかなあ…。

 

タロウがイヴにデレてる

f:id:negikatsu:20170111223911p:image

(出典:週刊少年サンデー2017年7号 215ページ、著者:峰浪りょう

イヴを怖がらせんじゃねーよ!!という台詞の他にも、バスで隣にイヴが来て嬉しそうにするタロウ。

 

それにしても、さらっと指宿くんの方に移動する清武さんや、堂々カップルで座る黒川くん&別府さんなど、こんなにリア充感溢れるクラスは非リアにはキツそう。

バスで隣が空いていることから、きっと門司くんは非リア側なのだろう。周りのリア充オーラに焦って告白してしまったのだろうか。

そして振ったことを早速友人に話す千綿さん。千綿さんと友人(鴨池さん?)も外見からはそこまで上位カーストっぽくないが…だって無理なんだもんとは…。

ちなみに鴨池さんの名前を調べるのに単行本3巻を見たら、門司くんの座席は前に津奈木・薬院、後ろに久留目・江火野、左隣は黒川、というまあリア充に囲まれたかわいそうな席だった(右隣は男)。頑張れ門司くん。リア充に負けるな。

感想はすべて個人の意見です。
記事中で引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。問題があればご指摘ください。
引用以外の文章・画像の著作権は当ブログ作者に帰属します。