読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き勝手に漫画の感想を書くブログ

最近は峰浪りょう先生が好きです

初恋ゾンビ61話感想

峰浪りょう 初恋ゾンビ

初恋ゾンビ第61話「メイク・ラブストーリー 」の感想です。

出典は週刊少年サンデー2017年2月1日号(No.8)の115〜134ページです。

タイトルはメイクラブ・ストーリーではなくメイク・ラブストーリー。タロウが告白の脚本を書いているからですね。

 


 

f:id:negikatsu:20170118210201p:image

(出典:週刊少年サンデー2017年8号 115ページ、著者:峰浪りょう) 

扉絵はセンターカラー。56話の江火野さんの水着カラー以来。

これまでは作中の季節に合わせて夏っぽいカラーでしたが、今回は冬。

単行本2巻のおまけで、冬服の設定は決まっていることが明らかにされていましたが、初恋ゾンビの作中で冬になる日は来るのでしょうか。

 

感想 

今週の初恋ゾンビは、はっきり言って、個人的には面白いとは言い難い部分がありました。

以下、多少ネガティブな意見も含む個人の感想です。

 

まず普通に良かった部分。

 

・ アリスさんを探せ

今週もアリスさんが何度も登場。

私が見つけられたのは5箇所。ただし1箇所はかなり小さくてアリスさんなのか別のものなのか判断が微妙…。

f:id:negikatsu:20170118210305j:image

(出典:週刊少年サンデー2017年8号 132ページ、著者:峰浪りょう

これ、普通に生徒に気付かれてるけど大丈夫なのでしょうか。

アリスさんが指宿くんのピンチを救うのではなく、最後にアリスさんが不審者として捕まったのを指宿くんが助けるオチもあり得る。

 

・ 指宿くんの嫉妬?

f:id:negikatsu:20170118210312j:image

(出典:週刊少年サンデー2017年8号 125ページ、著者:峰浪りょう

このシーンはもっと見たかった。

イヴに感情や自我があるのかという部分も気になりますが、それよりもこの指宿くんの台詞は「自分はイヴより素敵じゃない」と思ってしまう弱い部分を表現している。

イヴは自分のコピーなので、もちろんタロウの理想を反映しているけれど、言うなれば指宿くんが主(オリジナル)でイヴが従(コピー)。指宿くんがそういう考え方をしているかは分からないけど、そんなイヴに同情されて、自分と比べてしまう嫉妬心がもしあるなら、その感情はひとつの大きな行動原理になると思うなあ。嫉妬心とか劣等感はなかなか捨てられない感情だって聞くので。

 

 

以下ややネガティブな感想。 

初恋ゾンビ要らないじゃん

これまでの初恋ゾンビは、他人の恋愛トラブルをタロウ・指宿くんが解決する話と、江火野・指宿・イヴそれぞれに焦点を当てた短編、という構成でした。

しかし、今回は門司・千綿の話に他の話が乗っかってきている状況です。

しかも、門司の千綿ゾンビの特徴(触手)は、これまでの失恋ゾンビみたいに恋や自分の悩みを反映しているわけではなく、いまのところ、指宿くんとイヴをフェードアウトさせるための道具でしかない。

これなら、もはや初恋ゾンビは要らないのでは。

もう他人の恋愛を見るフェーズは終わったということでしょうか。

でも、それだったら掘り下げるべきは指宿くん自身の恋愛とかイヴの話であって、江火野さんとタロウの関係性ではないのでは。

門司・千綿の話でなにがしたいのか、イマイチ分かりません。

 

・ 江火野さんの立ち位置

どうも江火野さんの立ち位置が私の考えとずれている気がします。

私の考えなんて、勝手に予想してる妄想みたいなものですが…。

私は、言い方はとっても悪いんですけど、江火野さんは当て馬だと思ってるんです。指宿くんのライバルとかではなく、言葉通りタロウを発情させるための当て馬。

なので、タロウが江火野さんにドキドキするのは良いとして、江火野さんがタロウを意識するのもまあ多少はいいんですけど、江火野さん側の感情を全面に押し出されるとなんか違うなあって気がするんですよね。

タロウが指宿くん・イヴ以外の「誰か」が恋愛する話は必要で、その誰かが江火野さんでもいいけど、「江火野さん」とタロウの恋愛がみたいわけじゃないって感覚。

酔った勢いでタロウと江火野さんがXXXするとか、そういう展開になるなら話は別ですが…。さすがにそれはないでしょう。

 

グダグダ書いてますが、しかし、どうも一般的には江火野さんメインの話は評判が良いらしい。

ということで今回の話も、私の感想とは逆に人気なのかも。私の読み方はどこかずれているんだろうなあ。

なんとなく、初恋ゾンビは当初の予定より江火野さんを中心に寄せたラブコメに舵をきっている気がするのではないか、と勝手に思っています。が、もし峰浪先生がこういう話を最初から描くつもりだったのだとしたら、私はこれまでの初恋ゾンビをずっと勘違いして読んでいることになりますね…。

 

おまけ

f:id:negikatsu:20170118210330p:image

(出典:週刊少年サンデー2017年8号 276ページ)

1/25発売のサンデーSに初恋ゾンビの書き下ろし漫画が掲載されるそうです。

というわけで年賀状応募の時のようにサンデーSをネットで注文。

色紙のプレゼントもあるようです。

色紙はこれかな〜。応募しなくては。

 

感想はすべて個人の意見です。
記事中で引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。問題があればご指摘ください。
引用以外の文章・画像の著作権は当ブログ作者に帰属します。