好き勝手に漫画の感想を書くブログ

最近は峰浪りょう先生が好きです

初恋ゾンビ85話感想

初恋ゾンビ第85話「少女トラジティ」の感想です。

またしても久しぶりの感想。

 

・ まず最新話の感想

85話はとっても面白かったです。続きもすごい楽しみ。

文化祭編が、初恋ゾンビの1つの大きな山場になると思ってます。

 

ポイントは、タロウがイヴ(理想)か江火野(現実)かの選択を迫られている、ということ。

夏旅編ではイヴとずっと過ごすと言っていたタロウですが、洞窟で指宿くんを呼び止めたことからも分かるように、自分が間違ったことをしている・まだ悩んでいるという部分はありそう。

で、江火野はまさにイヴと対立するリアルの存在なので、江火野のことをタロウがどう扱うかはとても気になります。

イヴを選ぶというのは孤独になるってことなので、それはできない。でも江火野を選ぶ段階までイヴや初恋ゾンビの問題にタロウ自身が決着を付けているとも思えない。

どうするのかな〜。

 

あと人吉についてもどうなるのか気になってます。

江火野がタロウを意識している様子を人吉が感じ取っているから今回の騒動になっているはずなので、人吉の心情がどうなっているかは結構見せてほしい部分です。

また、江火野の初恋ゾンビをもつ人吉は「絶対に初恋が成就しないキャラ」なので、初恋を成就させてめでたしめでたし、といういつもの手法が人吉には使えない。初恋を成就させる以外の方法で人はどう幸せになれるのか、という部分を峰浪先生がどう考えていてどう描くのか、楽しみです。

個人的には指宿くんの両親の話はちょっと残念だったので。

 

今回はなんとか人吉の失恋ゾンビを押さえ込んで、なんとなくタロウと江火野がお互い意識するようになって一件落着ってオチもありそうな気がするけど、そういう玉虫色な感じにはならないで欲しい気もします。

 

 

・ サンデーヒロイン夏のひとりじめフェアについて思うこと

ついでの雑談。

7月に発売するコミックスを記念して「暑中見舞い」と称したイラストカードがもらえるキャンペーンをやるようなのですが、対象がなんと7月発売の新刊ではなく既刊のみ。しかも封入されるイラストカードは購入するコミックスのものではなく、ランダム封入。

初恋ゾンビだと、発売されるのは8巻だけどイラストカードが付くのは1~7巻。しかもランダムなので1冊買えばカードが貰えるとは限らない。

 

これどうなんだろう。

 

「ランダム封入だからこそ、これまで買わなかった他の対象作品を買ってみよう!」ってなるのかなあ…。 

それよりも「イラストカード欲しいから既に持ってる既刊買います」ってファンを狙ったタニマチ向け商売に見えるのだけど…。

美少女ゲーム業界の例とか見てると、こういう売り方って新規のファンが獲得できない環境下でやる一部のコア層に頼った負のスパイラルに見えてしまうので、これで大丈夫か、って思ってしまいます。AKBみたいにそれで成功している例もあるから、駄目とも言えないのかもしれないけど。

 

個人的には、↓のインタビューでbambooさんが言っているように、ある程度コアなファン向けにものを売るとしても、同じものを買わせるのではなく金額に見合ったリターンを出すほうが健全だと思うんですけどね〜。

 

ついでに今回の美少女ゲーム業界の話で面白いインタビュー2本。

biz-journal.jp

kai-you.net

感想はすべて個人の意見です。
記事中で引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。問題があればご指摘ください。
引用以外の文章・画像の著作権は当ブログ作者に帰属します。