好き勝手に漫画の感想を書くブログ

最近は峰浪りょう先生が好きです

五等分の花嫁1話感想

五等分の花嫁、第1話「五等分の花嫁」の感想です。

 

 

春場ねぎ先生の新連載! ついに始まりました。

春場ねぎ先生といえば煉獄のカルマの作画担当でしたが、絵がすごい好き!

煉獄のカルマの他にマガポケで読める作品は、読み切り版の「五等分の花嫁」と「ヴァンパイアキラー」。これらも絵が良い。

あと、pixivでオリジナルの読み切り「魔法少女 金剛山剛志」を公開しています。この作品はストーリーもすごい綺麗だし、絵の見せ方も良くてクライマックスの主人公が超格好いいのでオススメです。

 

こちらは春場ねぎ先生の描いた歴代作品の主人公たち。

1番左と左から3人目は、それぞれ他の読み切り作品の主人公のようです(カワードクロスワールドと裏世界コミュニケーション?)。読んでみたい。国会図書館で複写しようかな〜。

 

というわけで感想。

 

・ 5人とも可愛い!

ヒロイン5人の可愛さが読み切り版からさらにパワーアップ。

キャラクターの見た目が変わっているのは、四葉と三玖。四葉は髪が短くなりより活発な感じに。あとリボンしてた。

玖は2つ結びの髪がロングになりヘッドホンしてちょっと暗い感じになりました。三玖は正直前の髪型の方が好みなのですが、こっちの方が差別化はされているのかな?

5人の差別化といえば、髪型や制服だけでなく、靴下までそれぞれに特徴を持たせているのにこだわりを感じます。

一花や四葉の登場シーンでは足元を描いたコマが結構あって、なんか脚にこだわりがありそうで良いと思います。

二乃が主人公を足止めするシーンも脚のアップで読み切りより迫力ある感じになってました。

五つ子であることが判明する見開きページも、ヒロインたちの顔ではなく脚と後ろ姿を描いているのは、なんか意味深?

 

読み切り~1話で好きなキャラはやっぱり四葉! ショートカットになってますます可愛い。単純馬鹿っぷりにも磨きがかかっていてそこも可愛い。

あとは一花も良いキャラしてそう。主人公に積極的に絡んでくれるキャラは可愛さが分かりやすくて好きです。

二乃はエレベーターから降りて振り返った時の表情が良いですね。意外と1番面白い性格かも。

三玖は読み切り版に比べると、主人公との会話の中で暗い中にもお茶目な雰囲気を感じるので、これからの活躍に期待。

五月はメインヒロインなのかな? もちろん可愛い。学食で「席は埋まってますよ」と主人公に仕返しした時の表情が結構好きです。

結局みんな可愛い。

 

家庭教師っていうくらいだから、当然彼女たちの家がメインの舞台になると予想されるので、5人の仲の良さとか、性格の違いとかがダイレクトに表現されそうなのも楽しみ。五月と四葉は成績悪いっぽいのが1話で明らかになってましたが、他の3人も馬鹿なのかな。しっかり者っぽい一花とか反抗的そうな二乃が勉強できないって設定だったら、かなり良いギャップで好きになりそう。

でも、勉強なんかよりひたすら5人の女の子といろんな場所でいろんなイベントをこなすのを延々とやって欲しい気もする。そっちの方が五つ子って設定の良さが生きるような。

どんな話になるのか楽しみ!

 

・ ところで

随分と立派な学食がある高校のようですが、こんな学校に入れる主人公は普通にお金あるのでは。それとも、家が貧乏で頭がいいってことは、特待生とかなのかな。

200円でライスだけ食べるならおにぎりでも持ってきた方が断然安いのでは、と思うけど、どういう家庭環境なんだ。父親はいるんだよね?

あと、学食でカードゲームしてるやつがいるのは、高校っていうより大学っぽいですね。

 

・ 雑談

マガジンでまた楽しみな連載が増えて嬉しい!

最近始まった連載では、やっぱり「ランウェイで笑って」が面白い。東京コレクションが始まってから、正確には眼鏡の記者が登場してから、急にテンポが遅くなっているのがやや気になりますが、それでも丁寧な魅せ方が凄く良い漫画です。今週の11着目では、窮地を救った都村くんの想いに応えるように千雪が笑顔を見せるシーン、とても良かったですね(でもやっぱりふみおのモノローグがうるさい)。

「彼女、お借りします」は、2話までは結構面白かったのですけど、最近は微妙な感じが続いてます。回を追うごとに主人公がクズになっているのがちょっと…。でも今週の元カノの意味深な会話やラストは良い感じで、まだ続きは気になるので、これからの展開に期待してます。そういえば最近もののて読み直したけど、やっぱり面白いです。今の作品も、もっと熱い展開の方が宮島先生らしい気がするけど、ラブコメだし、今後どうなるのかな〜。

来月の「寄宿学校のジュリエット」と来年の「先生、好きです。」も楽しみ!

 

面白い作品が始まる一方で終わる作品もあり、ラブコメでは「おはようサバイブ」が最終回でした。終盤のぶっ飛んだ展開からは、振り切れたシュールなギャグ路線で突き進むのかと思ったりもしましたが、駄目でしたね〜。「楽々神話」も序盤のギャグは好きだったんですけど終わってしまい、残念。

 

感想はすべて個人の意見です。
記事中で引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。問題があればご指摘ください。
引用以外の文章・画像の著作権は当ブログ作者に帰属します。