好き勝手に漫画の感想を書くブログ

最近は峰浪りょう先生が好きです

五等分の花嫁1巻感想

五等分の花嫁第1巻の感想です。

 

 

1巻発売いえーい! 春場ねぎ先生、おめでとうございます!

 

1巻に収録されているのは5話までで、大体マガジン読んだ時に感想書いてたので、今回は1巻を改めて読んで、各キャラクターの好きなシーンを2つずつ選んでみました。

 

・ 一花

読み切り〜1,2話あたりを読んだ時には四葉と並んで好きなキャラ。もっと積極的に風太郎に絡んでくるのかな〜と思ったけど、1巻だとまだ大きく風太郎と絡んでいません。ちょうど今マガジン本誌で一花のアルバイトの詳細が明らかになりそうな感じで、これからが楽しみ。

f:id:negikatsu:20171022235251j:image

(出典:五等分の花嫁1巻27ページ、著者:春場ねぎ)

一花お姉さんの初登場シーン。1話だけ見た時の最初の印象では一花と四葉が好きでした。この絵を見ると、しっかりもの兼セクシー系お姉さんキャラだと思うよね。

 f:id:negikatsu:20171022235258j:image

(出典:五等分の花嫁1巻68ページ、著者:春場ねぎ)

しっかり者…と見せかけて、実は超ダメ人間だった一花。このギャップは凄い。特に一花の部屋が、リアルに部屋を片付けられない人の部屋を再現していて凄い。誰かモデルがいるのでしょうか。

 

・ 二乃

二乃は風太郎にはきつくあたるけど、一方で5人の中で1番家族を大切に思っていたり、料理が得意で家庭的だったりギャップを感じるシーンが多い部分が魅力的。

 f:id:negikatsu:20171022235312j:image

(出典:五等分の花嫁1巻179ページ、著者:春場ねぎ)

5話の二乃。姉妹を大切に思っている二乃は、家族に見せる表情と外(風太郎)に見せる表情の違いがあるんだなってことが分かるシーン。

 f:id:negikatsu:20171022235323j:image

(出典:五等分の花嫁1巻74ページ、著者:春場ねぎ)

二乃がめっちゃ可愛いこの絵は、5人合わせても1巻で1番好きな絵かもしれない。活発そうで強気なのに家庭的。このギャップが超かわいいですね。

 

・ 三玖

1巻のメインヒロインと言っても過言ではない三玖。クールで無口っぽいけど、一話から主人公との会話におちゃめな感じが出ていて、3話からはさらにいろんな表情を見せてくれて可愛い。 

 f:id:negikatsu:20171022235331j:image

(出典:五等分の花嫁1巻143ページ、著者:春場ねぎ)

改めて読み直してみて好きだった三玖の表情。隣のコマも合わせて三玖の表情の豊かさが出ていて可愛い。最初のクールな印象が段々崩れている段階で、この先2巻以降は完全に三玖デレ。

 f:id:negikatsu:20171022235342j:image

(出典:五等分の花嫁1巻134ページ、著者:春場ねぎ)

4話で四葉のふりをする三玖。この絵も好きだけど、三玖がこういう作戦で四葉を演じてると思うとそれ自体が可愛い。ポフッって効果音も好き。

 

四葉

明るいキャラでとっても可愛い四葉! 3話以降三玖が急接近してくるまでは1番好きなキャラでしたが、もちろんまだまだ好き。案外本心が見えないキャラなのかも。これからどうなるかな〜。

 f:id:negikatsu:20171022235353j:image

(出典:五等分の花嫁1巻97ページ、著者:春場ねぎ)

小テストで全員バカだと分かったシーン。この時の四葉は428のパーカーが可愛いし、この姿勢も可愛い。五月の好きなシーンにも選んだけど、春場先生の絵はこの身体をひねったのが好き。

 f:id:negikatsu:20171022235404j:image

(出典:五等分の花嫁1巻108ページ、著者:春場ねぎ)

四葉は明るい笑顔が可愛い。その可愛さがよく出ていると感じたのがこの絵。全身写ってないけど、この手の動きも好き。

 

・ 五月

メインヒロイン? マジメな性格で強気なのに、いろいろできないことが多くて強がってたりガーンってなってたり、面白いリアクションが多くて好きです。あと、5人の中で1番色気のある絵が多い気がします。服装とか胸が強調されて映る場面が良い。

 f:id:negikatsu:20171022235414j:image

(出典:五等分の花嫁1巻42ページ、著者:春場ねぎ)

四葉の時と同じだけど、春場ねぎ先生の描く女の子は、この身体をひねって振り向いてる絵はとても可愛い。

 f:id:negikatsu:20171022235426j:image

(出典:五等分の花嫁1巻186ページ、著者:春場ねぎ)

1巻発売記念のクオカードのデザインにもなっている五月の名シーン。五月はまだ笑顔のシーンあんまりないのですが、その分(?)他の表情は豊富で良いです。

 

 ・ おまけ

f:id:negikatsu:20171022235455p:image

 (出典:五等分の花嫁1巻190~191ページ、著者:春場ねぎ)

次巻予告面白いw

 

・ 雑談

マガジンは今まさにラブコメ戦国時代!

ブコメっぽい作品の感想を一言ずつ。おおよそ好きな作品順?

 

寄宿学校のジュリエット

別マガ時代から好きな作品。私の中では五等分の花嫁と2強。どのキャラクターも可愛いし、なんといっても絵の綺麗さがぶっちぎり。あと、細かいギャグが凄い面白いのも良い。

 

星野、目をつぶって。

ヒロインと主人公が付き合うことになって終了に向かうのかな〜って思っていたら、急にエロキャラが登場して瀬尾公治流石景路線に突入するのだろうか。

 

彼女、お借りします

宮島先生の作品はAKB49ももののても好きで本作も期待していたのですが、ちょっと微妙。主人公のクズっぷりも気になりますが、方針転換を狙ったのか友人Aくらいだと思ってた脇役がいきなり主人公ぶん殴ってきて「えぇ…」となった。

 

風夏

非リアSNSブコメかと思っていたら、リア充バンドマンエロ漫画だった。前作ヒロインの娘を殺すという斬新さ、それに引っ張られて2大ヒロインっぽかったもう一人も退場と、ある意味面白い。

 

ドメスティックな彼女

姉妹両方に手を出したり教え子に手を出す背徳的なのが売りなのだろうか? とはいえ、姉妹の話より、突然新しい女の子を登場させてエロ展開をぶっ込み、すぐちぎって投げるを繰り返している印象が強い。

 

川柳少女

4コマ。特にコメントなし。

 

マコさんは死んでも自立しない

おねショタ。それ以上でもそれ以下でもない。

感想はすべて個人の意見です。
記事中で引用した画像の著作権は各々の作者に帰属します。問題があればご指摘ください。
引用以外の文章・画像の著作権は当ブログ作者に帰属します。